ページの先頭へ戻る
天然のアルカリイオン水 株式会社ケイ・エフ・ジー | 0120-41-3024 / 午前9時~午後5時まで(土・日・祝日を除きます)

本当にその水で大丈夫?!水を選ぶ基準が変わる!!「硝酸態窒素」「亜硝酸態窒素」ってご存知ですか? 発ガン性物質にもなる硝酸態窒素 金城の水は硝酸態窒素ゼロの天然水!だから…安心!安全!

当社の水源検査データ

いままでの水選びのポイント

水を選ぶポイントは以下のような基準や趣向を満たすかによって決められているかと思いますが…

原産地 pH値(アルカリ・酸性) 天然水 非加熱 硬水・軟水 価格
赤ちゃんにも安心? その選びポイントに硝酸態窒素を加えて比べるべきです!!
硝酸態窒素検証動画
標準色<硝酸態窒素>
この検査キットは簡易テスト用です。正式な数値は以下の内容となります。
純天然アルカリイオン水 金城の水 オンラインショップはこちら メールでのお問い合わせはこちら

硝酸態窒素・亜硝酸態窒素ってなに?

簡単に言えば、農作物の栽培において、窒素肥料として使用される硝酸アンモニウムや硝酸ナトリウム(硝酸態窒素)を指します。この硝酸態窒素などが大量に肥料としてまかれた結果、ミネラルウォーターとして販売されている地下水が汚染されるといった環境問題が起こっているわけです。

厚生労働省の見解
<主たる改正内容>(平成26年4月1日)

「水質基準に関する省令」で基準に亜硝酸態窒素を追加し「0.04mg/L 以下であること」とする。

亜硝酸態窒素に関して

亜硝酸態窒素に関してこのたび厚労省は、平成25年7月22日付けで食品安全委員会より通知された、水道水により供給される水の水質基準改正に係る食品健康影響評価(亜硝酸態窒素)に基づき、「水質基準に関する省令」(平成15年厚生労働省令第101号)の一部を改正し、亜硝酸態窒素に係る基準を追加するとともに、省令及び告示について、所要の改正を行い、平成26年4月1日から施行されることになりました。

幼児にメトヘモグロビン血症(別名ブルーべビー病)を発症させることがないよう定められた硝酸態窒素との合計値とは別に、亜硝酸態窒素はきわめて低い濃度でも影響があることから、単独で評価値を定めることが適当と判断し、食品安全委員会から影響評価が示され、厚生科学審議会の審議を経て、改めて水質基準として位置づける事になりました。

どんな弊害があるの?

乳児が硝酸態窒素に汚染された井戸水により、メトヘモグロビンの過剰による酸素欠乏症(ブルーベビー症候群)になり、死亡したケースも報告されており、厚生労働省からは、硝酸態窒素が水質基準への見直し要件に適合することから、硝酸態窒素を水質基準として位置づけるとともに、関係す
る省令、告示等を改正するとの通達もなされています。

硝酸態窒素は、動物の糞尿、畜産排水や化学肥料などに含まれている窒素が分解されてできます。
化学肥料に含まれている窒素は、土中で微生物などによって酸化され、硝酸態窒素に変化します。
これが地下水に侵入したり、水道水として使われることで、硝酸態窒素は家庭にまで到達しているのです。

硝酸態窒素を含む水を煮沸して飲んだり、この水で粉ミルクを溶かしたりすると、硝酸態窒素が赤血球のヘモグロビンをメトヘモグロビンに変えることがわかりました。
メトヘモグロビンは酸素を運ぶことができないので、これを乳児メトヘモグロビン血症、別名「ブルーベビー病」と呼ぶのです。
硝酸態窒素はブルーベビー病の原因になるばかりでなく、発がん性物質にもなるのです。

近年、世界各地で硝酸態窒素の土壌への蓄積や、地下水の汚
染が問題視されるようになりました。日本では、環境庁が1994年から3年がかりで、河川や湖沼、沿岸部、地下水の硝酸態窒素の汚染を実態調査しました。その結果、地下水の汚染は深刻であり、全国5548カ所の地下水のうち259カ所で硝酸態窒素・亜硝酸態窒素の値が飲料水基準を上回る結果を示したのです。

WHO(世界保健機関)は動物実験を行い、亜硝酸態窒素が副腎球状帯の過形成や、心臓や肺の奇形および組織学的変化などを起こすことが明らかになりました。

出典:藤田紘一郎著『水と体の健康学』
ソフトバンククリエイティブ株式会社

標準色というのは、飲料水として基準値内であることを示しています。上部のキットによる検査結果は、左から二番目が「金城の華」です。 硝酸態窒素が原因になる発がん性物質

金城の水は大丈夫

金城の水と他社も含めた検証テストを実施したところ、金城の水から硝酸態窒素は、検出されませんでした。

① 他社製品を含めて検証実験を行います。
② 試験薬を使用し、硝酸態窒素の反応を見てみます。
③ 検証結果です。金城の水からは、硝酸態窒素は検出されませんでした。
純天然アルカリイオン水 金城の水 オンラインショップはこちら メールでのお問い合わせはこちら

金城の水…その他の安全性は大丈夫?

採水地情報

金城の水の採水地である島根県・金城町は、中国山脈に囲ま
れた、地理的にも気候的にも変化に富んだ豊かな自然が育ま
れています。

地表から吸い込まれた雨や雪解け水が天然のろ過作用により、天然のミネラル成分を程良く含んだ高品質な水が作り出されており、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるFSSC22000を取得した島根本社工場にて、外気に触れることなく非加熱でボトリングしたお水を提供しております。

非加熱天然アルカリイオン水

金城の水は加熱処理を必要としない
“活(なま)の水”

ミネラルウォーターの中には加熱処理を行い、一般細菌を基準値以下にして販売しているものもあります。
ですが、加熱殺菌をするとミネラル成分が変化したり、水の中に溶け込んでいる酸素や炭酸ガスなど、水を美味しくさせる成分が飛んでしまうことがあります。
非加熱でお届けできるということは、原水の状態で基準値をクリアしているので加熱殺菌の必要がないという、飲料水として最高の証なのです。

金城の水の産地である中国山脈の麓、島根県金城(かなぎ)町は、昔から良質の温泉地帯として知られており、地元では古くから老若男女問わず多くの人に親しまれている評判の温泉です。

赤ちゃんにも安心の水

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳かミルクが栄養源で、胎盤を通して酸素や栄養物質をお母さんからもらいますが、それと同時に有害物質も取り込んでしまいます。

環境汚染が進んでいる現在、「環境ホルモン」などの有害物質から赤ちゃんを守るためには、妊娠中はもちろん赤ちゃんが生まれてから母乳をあげる場合も、食物だけでなく有害物質の入っていない「安全・安心な水」を飲むことが重要です。

日本で販売されているミネラルウォーターの中には「井戸水」や「湧水」「伏流水」など極めて浅い地層から採水されたものや、水道水を物理的・化学的処理を行なった「ボトルドウォーター」のような水も販売されており、これらの水は、硝酸態窒素を含む環境汚染が進んでいる現在、河川や土壌に蓄積された汚染物質が混入する可能性があることから、水の影響を受けやすい妊婦さんや赤ちゃんには「地下水」のような深い地層から採水された有害物質に汚染されていない水が必要です。

金城の水は、地下300mの花崗岩下から噴出した加熱殺菌不要の純天然アルカリイオン水であり、ミネラルバランスにおいても、pH8.2、硬度45~50mg/Lの軟水で、腎臓の機能が未熟な赤ちゃんにとって代謝の負担のかかるマグネシウム含有量は、100mlあたり0.04mgと微量のため、粉ミルクのミネラル成分を変化させることなく安心してお飲みいただくことができます。

放射性物質に関して

昨今では、放射性物質に関する懸念が取りざたされておりますが、当社は2ヶ月に一度、日本食品分析センターの放射能検出検査を実施しており、常に安全な水を常に提供できるよう心掛けております。

放射性物質 検査結果2015年08月
放射性物質 検査結果2015年06月
放射性物質 検査結果2015年04月
放射性物質 検査結果2015年02月

モンドセレクション

金城の水は、国際的な評価基準である「モンドセレクション」において、全体のわずか1割程度しか受賞できない「最高金賞」を7年連続受賞しており、金賞を受賞すること自体難しいなかでの「最高金賞」の受賞は、品質の高さでも世界に通用する国際的な価値のある水といえるでしょう。

受賞商品 「からだにうるおうアルカリ天然水」(2L,500ml)… 2007・2008・2009年3年連続連続最高金賞 / 「からだにうるおうアルカリ天然水」(1L)… 2008年・2009年・2010年3年連続最高金賞受賞 / 「金城の華」「赤ちゃんの純天然アルカリイオン水」… 2010年金賞2011年・2012年最高金賞 / 「アルカリ人」… 2011年・2012年・2013年3年連続最高金賞 / 「純天然アルカリ保存水」… 2014年金賞
モンドセレクション
2014年5月12日本社工場にて登録証授与式 登録証はこちら
食品安全システムFSSC22000を取得

株式会社ケイ・エフ・ジー、本社工場は、食品安全システムの国際規格であるFSSC22000を取得いたしました。

「FSSC22000」とは、日本製品保証機構(JQA)の審査を通り取得する、製品製造業向けの食品安全システムです。
従来の国際規格であった「ISO22000」は、プログラムの項目などは明確になっているものの、工場の衛生管理の基準は明確になっていませんでした。
それを国際的な基準として規定したものが「ISO/TS20002-1:2009」と
「PAS223:2011」です。
「FSSC22000」は、「ISO22000」と「ISO/TS20002-1:2009」
「PAS223:2011」の組み合わせ規格で、あらゆる方面から安全を考えた最高のシステムであると言えます。

FSSC22000とは?「ISO22000 / 食品安全マネジメントシステム(FSMS)の国際規格」+「ISO/TS20002-1:2009 / 食品製造業に適用される規格」+「PAS223:2011 / 食品包装材料の製造業に適用される規格」
お客さまの声
拡大してお客様の声を見る
拡大してお客様の声を見る
拡大してお客様の声を見る
純天然アルカリイオン水 金城の水 オンラインショップはこちら メールでのお問い合わせはこちら