純アルカリ天然水「金城の華」水の通販サイト

おいしい水とは
本来水は無味無臭なのです。
雨水を調べてみても、蒸留水に近く、ミネラル成分などをほとんど含んでいません。
この点ではある意味きれいな水とも言うことができます。しかし不純物をまったく含まない「純水」は、味の点からすると湯ざましと同じように、とても飲めたようなものではありません。
雨水は地球上に降り注いだ後に、様々な地質層や岩石層の狭い隙間に浸み込んでいって、色々なミネラル成分(カルシウム、マグネシウム、カリウムなど)を溶かし込みます。
水に味があると感じるのは、飲み水が純粋なH2O(エイチツーオー)ではなく、鉱物分などを溶かし込んでいるからなのです。
天然ミネラル水の中には、岩盤の鉱物、苔や藻などの微生物など実に500種以上の物質がほどよく溶け込んでいます(飲料水は必ずろ過、もしくは殺菌工程がともないます)。
さらに水には硬度(硬さ)があります。
水には軟水と硬水があり、水に含まれるミネラル成分(カルシウム、ナトリウム、カリウムなど)によって分けられます。
1ℓฺ中100mg以下が軟水、200mg以上が硬水とされており、日本の水の場合はほとんどが100mg以下の軟水です。
この硬度は水の味を決める大きな要素の一つです。
それでは「おいしい水」とはどのような水でしょうか。
味は個人の感覚もあり、一概に語るには難しい部分ではありますが、厚生省の「おいしい水研究会」の調査結果によると以下の通りになっています。
・蒸発残留物(ミネラル):30~200mg/l
・硬度:10~100mg/l
・遊離炭酸:3~30mg/l
・過マンガン酸カリウム消費量:3以下
・臭気度:3以下
・残留塩素:0.4mg/l以下
・水温:最高20度以下
含有成分の他にも、水のおいしさを決める要素として水温があげられます。
ぬるい水も冷たすぎる水もおいしくないように、適温というものがあります。
一般に飲み物がおいしく飲める適温は、体温マイナス25度だと言われています。
個人の体温差によって多少のずれもありますので、だいたい10~15度の範囲として考えておけばよいでしょう。
前のページへ戻る
商品のご案内
純アルカリ天然水 金城の華 世界が認めた天然水 純天然アルカリ保存水 7年保存 赤ちゃんの純天然のアルカリイオン水 純アルカリ天然力 アルカリ人 酸性に傾きがちな食生活に 2ケース以上のご注文で送料無料 ご家庭までお届けします。 PR商品 からだにうるおうアルカリ天然水 伝統と創作のモダンチャイニーズ 全国160箇所のスポーツクラブネットワーク セントラルスポーツ
赤ちゃんのために品質で選んだ、アルカリ天然水。だから、ママ安心。 スマイルベビー水 ResetTimes リセットタイムズ
電話・FAXでのご注文

平日午前9時~午後5時まで
(土・日・祝日を除きます)

フリーダイヤル:0120-41-3024
ビジネス雑誌 Qualitas 株式会社ケイ・エフ・ジー 戸津川明克