純アルカリ天然水「金城の華」水の通販サイト

トップページ > 何でも分かる「水」のこと > 体に良い水の条件とは?

体に良い水の条件とは?
究極に体に良い水とは、古代の海水または母親の胎内の羊水と同じミネラル成分を含んだものとされています。
私達人間の体液(水)は、量こそ違っても海水と同じミネラル成分を含んでいるからです。
人類も生物・植物も古代の海水の中で誕生しました。その時の構造を現在も尚引き継いでいるため、体液(水)は海水と同じミネラル成分を必要としているのです。
そこで体に良い水のポイントとしては以下のようなものがあります。
・有害なものを含まないこと
・酸素と炭酸ガスが充分に溶け込んでいること
・水の硬度が高すぎないこと
・pH(ペーハー)は弱いアルカリ性であること
上記の基準で水を選ぶ時の参考にしてみてください。
前のページへ戻る