純アルカリ天然水「金城の華」水の通販サイト

トップページ > 何でも分かる「水」のこと > 水道水は本当に危ないの?

水道水は本当に危ないの?
日本の水資源は、今や工場廃水、生活廃水、農薬、酸性雨などいろいろな原因によって汚染されているのが現状です。このような水を浄水して、各家庭に送られてくるのが水道水。
危険な水を知らずに飲んでしまうのもよくないのでは・・・
では、水道水の現状はどうなっているのか調べてみます。

水道水の安全基準

日本の水道は、国が定めた安全基準に基づいた水道水を供給するよう義務づけられています。
水道局ごとに定期的に水質検査が行われ、結果が公表されている状況です。水道水の安全性を確かめるためには、この検査結果をチェックする方法がありません。
水質基準については、基準値、目標値、指針値がそれぞれ示されており、それ以下であれば人間の体に害がないとされる値のことになります。 基準値を超える項目がある水は供給できませんので、水道水は最低限の安全は確保されているといえます。

塩素消毒の問題点

水道水の中に、発がん物質が含まれているという話を聞いたことがあるでしょうか?
残念ながらこれは事実であり、水道水を浄化する過程で大量の塩素が投入されています。
これが発がん物質であるトリハロメタン発生の原因になっており、もちろん、先に述べた水道水の安全基準には、トリハロメタンなどの「消毒副生成物」の基準値も定められています。ただし、この数値は、もっと低く設定すべきという意見もあるようです。
しかしながら、塩素処理をしなければ、水道水は飲めるような水にはならないため、アンモニアやプランクトン、細菌類、有機物などは塩素によって除去されています。
行政でも、塩素の使用量が少なくできるような新しい浄水システムの研究を進めているが、コスト面での問題が大きいことが課題です。
前のページへ戻る
商品のご案内
純アルカリ天然水 金城の華 世界が認めた天然水 純天然アルカリ保存水 7年保存 赤ちゃんの純天然のアルカリイオン水 純アルカリ天然力 アルカリ人 酸性に傾きがちな食生活に 2ケース以上のご注文で送料無料 ご家庭までお届けします。 PR商品 からだにうるおうアルカリ天然水 伝統と創作のモダンチャイニーズ 全国160箇所のスポーツクラブネットワーク セントラルスポーツ
赤ちゃんのために品質で選んだ、アルカリ天然水。だから、ママ安心。 スマイルベビー水 ResetTimes リセットタイムズ
電話・FAXでのご注文

平日午前9時~午後5時まで
(土・日・祝日を除きます)

フリーダイヤル:0120-41-3024
ビジネス雑誌 Qualitas 株式会社ケイ・エフ・ジー 戸津川明克